West Coast Synthesis

63 views

シンセシスに対する「西海岸」アプローチは、伝統的に Buchla や Serge などの企業と関連付けられてきました。複雑な波形から高調波を除去 (フィルタリング) するのではなく、単純な波形に高調波を追加することに基づいています。これは一方の発振器がもう一方の発信機の周波数(FM)または振幅(AM)を変調することや、もう 1 つの一般的な西海岸モジュールであるウェーブシェイパーまたはウェーブフォルダーによって作り上げられています。(コンプレックスオシレーターに用いられる構成です。) また、4段階の ADSR ではなく、AD や AR などの 2段階のエンベロープ ジェネレータ (スロープジェネレータと呼ばれることが多い) や、電圧での操作に重点を置いているものも多いです。 VCAにローパスフィルターが組み込まれたローパス ゲート (LPG) も特徴です。 西海岸のアプローチでは、タッチパネルなどの非伝統的なコントローラーも採用されています。 現在では、同じシステム内に東海岸と西海岸のアプローチを混在させるのが一般的です。